脳を長持ちさせるブレインフード!注目のサプリメント・ギャバは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!

ブレインフードは加齢に伴う脳機能の低下を抑える食べ物です。
脳に健康と若さをもたらし、脳の活性化、病気の予防にも役立つといわれている、今後注目の食べ物のひとつです。
65歳以上が総人口の約20%を占める高齢化社会において・・・注目されるサプリメントカテゴリーが「ブレインフード」です。
スポンサードリンク







スポンサードリンク

Gaba(ギャバ)はチョコレートやココアの原料カカオに含まれる成分でもあり注目されていますが・・・!?

最近耳にするこの言葉、ブレインフードのひとつでもあるGaba(ギャバ)
ところで・・・
チョコレートを食べて「ほっ」とした経験はありませんか?
↓↓
現在、注目されているのが、チョコレートココア原料カカオに含まれるGABA(ギャバ)という成分です。
GABAは正式名称をγ(ガンマ)ーアミノ酪酸という、アミノ酸の一種です。
↓↓
英語のGamma-Amino Butyric Acidの頭文字を取り、一般にGABA(ギャバ)と略称されています。
↓↓
GABAは発芽玄米に多く含まれる、健康に役立つ成分としてよく知られていますが、チョコレートにも多く含まれていることが研究の結果、明らかになっています。
脳の発育にも、適度にチョコレートを摂りいれるのが良いといわれています。
Gaba,cacao01.jpgカカオの実

脳を長持ちさせるブレインフード!注目のサプリメントは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!
posted by ブレイン at 22:11 | Comment(0) | ギャバ・Gaba

発芽玄米の登場で注目されるGaba(ギャバ)効果のすごさとは・・・!?

発芽玄米の登場とともに脚光を浴びている成分、それが通称GABA(ギャバ)です。
正式名称は「ガンマ−アミノ酪酸」。
文字通りアミノ酸の一種だが、たんぱく質を形作っている18種類のアミノ酸とは異なり、特に哺乳動物の脳や脊髄に存在する。

>>GABAの効果はといえば・・・!!
最近では、アルツハイマー型痴呆症の予防・改善にも期待できると話題を集めている。
↓↓
そこでいま、注目されているのが発芽玄米
♪ 発芽玄米で知るGaba(ギャバ)効果のすごさとは・・・!?

なんでも、・・・発芽玄米のGABA量は白米の約10倍、玄米の約3倍!
人間の脳神経から内臓、血液のはたらきまで、さまざまな観点から効果が期待できるギャバ
これを効率よく摂取できるのが発芽玄米なのだ。
ギャバの量は、白米にはわずかに1mg、胚芽米で2.5mg、玄米でも3mgなのに対し、発芽玄米は10mgと圧倒的に優れている。
↓↓
しかも発芽玄米なら、毎日の食事で意識しなくても摂れるのだから、便利だ。

>>期待されるGABAの効能とは・・・
血圧を下げる、中性脂肪を抑える、肝臓・腎臓のはたらきを高める
、神経を鎮める・・・
こうしてみますと、ギャバを摂ることによって、期待できる効果は、実に幅広く、多彩なことに驚きます。

脳を長持ちさせるブレインフード!注目のサプリメントは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!



posted by ブレイン at 10:07 | Comment(0) | ギャバ・Gaba
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。