脳を長持ちさせるブレインフード!注目のサプリメント・ギャバは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!

ブレインフードは加齢に伴う脳機能の低下を抑える食べ物です。
脳に健康と若さをもたらし、脳の活性化、病気の予防にも役立つといわれている、今後注目の食べ物のひとつです。
65歳以上が総人口の約20%を占める高齢化社会において・・・注目されるサプリメントカテゴリーが「ブレインフード」です。
スポンサードリンク







スポンサードリンク

脳を活性化、注目のブレインフードとはいったいどのようなものでしょうか・・・!?

最近このような言葉を耳にするようになりました。
ブレインフード!という言葉です。
◎ブレインフードとは・・・!?いったい、
↓↓
>>65歳人口が総人口の約20%を占める高齢化社会において、注目されるサプリメントカテゴリーがブレインフードです。
高齢社会白書によりますと、2020年には、認知症患者数も300万人に迫るという予測も出ています。
さらに、最近では・・・
中年以降に多くみられるARCD(高齢者の認知力低下)も、若年層から中高年層までが幅広く抱えているストレスが大きな要因だということが分かってきています。
高齢化と共に心配されるのが、「ボケ症状」がいつ出るかと心配になることです・・・!?
第1の症状は、「ストレス」!だといわれています。
>>ブレインフードは・・・
加齢に伴う脳機能低下を抑える食べ物です。
→脳に健康と若さをもたらす、脳の活性化、病気の予防にも役立つといわれています。
↓↓
そこで今後、・・・
活躍が期待されるブレインフードはこちらです。
1:イチョウ葉エキス
2:PS(ホスファチジルセリン)
3:ナットウキナーゼ
4:ギャバ
5:テアニン
↓↓
♪今後注目されるであろうブレインフード
ストレスが第1の要因、引き金になる「ボケ、痴呆、うつなど」の予防に・・・
ストレス社会の強い味方になることが期待されています。
そんなギャバのひとつに・・・!?

脳を長持ちさせるブレインフード!注目のサプリメントは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!
posted by ブレイン at 21:46 | Comment(48) | ブレインフード

ブレインフード、ギャバ配合食品「ココロン」のご紹介です・・・!

ブレインフードのひとつ、GABA(ギャバ)は、抑制性の神経伝達物質であります。
人がイライラしたり、神経が高ぶって眠れなかったり、パニック状態にあるときなどは、脳内のGABAの量が減っているという研究報告があります。
そういった状態のときにGABA(ギャバ)を摂取すると、症状が改善されるという報告があります。
そのほか、アルツハイマー型痴呆症の予防・改善にも期待できるとされ、・・・
脳内の血流改善により、記憶障害の改善(学習効率アップ、記憶力のアップ)にも期待されています。
>>ストレスの多い現代人にとって、GABA(ギャバ)の摂取は効果的とされています。
↓↓
そこでココでは、こんな商品をご紹介させていただきます。
ブレインフード、ギャバ(gaba)配合食品・・・
・・・>>「ココロン(kokoron)」!!
p1020375.jpgココロン
♪ 定価 450円/本
♪ 50ml×10本入
♪ 清涼飲料水
♪ ビタミンC 1000mg
♪ ナイアシン ・ Gaba 配合
♪ 監修:医学博士 浅倉英男(東京大学医学部卒) 特許出願中

↓↓
ギャバでストレス軽減効果!
恐怖心も軽減されると言った報告もありますが・・・!?

↓↓
脳を長持ちさせるブレインフード!注目のサプリメントは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!
posted by ブレイン at 21:27 | Comment(0) | ブレインフード

ブレインフード「ホスファチジルセリン」とはこんな人にお薦めですが・・・!?

今回ご紹介しますのはブレインフードの中でも「ホスファチジルセリン(PS)」についてのお話です。
ブレインフード「ホスファチジルセリン(PS)」とはこんな人にお薦めですが・・・!?
↓↓
ホスファチジルセリン(PS)とは・・・!?
脳細胞特に神経細胞膜に多く含まれるリン脂質で、脳の栄養素とも呼ばれています。
アミノ酸の一種であるセリンとリン酸、グリセロール、脂肪酸が結合した物質であり、リン脂質の一種でもあります。。
>>こんな人にお薦めです。
コレステロールが気になる方。
↓↓
>>効果は・・・
アルツハイマー症、痴呆症、うつの改善、ストレスによる不眠、などに。
↓↓
>>主な働きは・・・
大豆から抽出されるもので、脳内での情報伝達を助けるはたらきがある。
神経伝達物質の受け渡しをスムーズにし、情報をつたえやするはたらきがあるので、結果として脳内ホルモンが増える。
↓↓
また・・・
ブドウ糖の取り入れを促進して、老廃物質の代謝を高めるはたらきがあるので、その結果、新陳代謝が活発になる。

ブレインフード!注目のサプリメントは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!


posted by ブレイン at 00:13 | Comment(0) | ブレインフード

ブレインフード「ナットウキナーゼ」とはこんな人にお薦めですが・・・!?

今回ご紹介しますのはブレインフードの中でも「ナットウキナーゼ」についてのお話です。
ブレインフード「ナットウキナーゼ」とはこんな人にお薦めですが・・・!?
↓↓
ナットウキナーゼとは・・・!?
>>こんな人にお薦めです。
コレステロールが気になる。
血圧が気になる。
↓↓
>>効果は・・・
生活習慣病予防、血圧降下作用、血栓溶解作用、などに・・・
↓↓
>>主な働きは・・・
ナットウの、ネバネバの部分に含まれるナットウキナーゼは、納豆菌が大豆に作用し、発酵する家庭で作られる酵素で、血栓を溶かす作用があります。
ドロドロ血や加齢などにより、体内の血栓溶解酵素の働きが追いつかなくなると、血栓ができやすくなり、心筋梗塞や脳血栓などの原因になります。
↓↓
ナットウキナーゼは、この血栓溶解酵素と同様に働き、血栓を溶かして血液をサラサラに保つといわれています。
↓↓
また・・・
血液をサラサラにすることで、講師結晶や高血圧、動脈硬化などを予防する効果も期待されています。


ブレインフード!注目のサプリメントは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!


posted by ブレイン at 23:28 | Comment(0) | ブレインフード

ブレインフード「イチョウ葉エキス」とはこんな人にお薦めですが・・・!?

今回ご紹介しますのはブレインフードの中でも「イチョウ葉エキス」についてのお話です。
ブレインフード「イチョウ葉エキス」とはこんな人にお薦めですが・・・!?
↓↓
イチョウ葉エキスとは・・・!?
>>こんな人にお薦めです。
冷え・肩こりが気になる。
若々しくありたい。
記憶力の低下が気になる。
↓↓
>>効果は・・・
血流改善、記憶力減退予防、認知症予防、動脈硬化予防、などに・・・
↓↓
>>主な働きは・・・
イチョウ葉は10種類以上のフラボノイドとギンコライドという物質を含んでいます。
フラボノイドとは植物に含まれる色素成分のことで、さまざまな疾患や老化の原因となる活性酸素を消去する働きがあり、イチョウにしか存在しない物質ギンコライドと相乗的に作用していると考えられます。
↓↓
イチョウ葉エキスは・・・
血管を拡げて血液の流れを浴するため、脳の血流が悪くなって起こる認知症を予防するといわれています。
↓↓
また・・・
同様の作用から、血流の流れが悪くなることによって起こる、冷え性や肩こりなどにも効果があると考えられます。

>>主な成分は・・・
フラボノイドとギンコライドの他、毛細血管の強化に役立つルチン、血圧効果作用が期待されるクエルシトリンなども含まれています。

ブレインフード!注目のサプリメントは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!


posted by ブレイン at 23:06 | Comment(0) | ブレインフード

ブレインフード「ギャバ」とはこんな人にお薦めですが・・・!?

今回ご紹介しますのはブレインフードの中でも「ギャバ」についてのお話です。
ブレインフード「ギャバ」とはこんな人にお薦めですが・・・!?
↓↓
ギャバとは・・・!?
>>こんな人にお薦めです。
ストレスがたまっている。
健康になりたい。
精神的に不安定。
血圧が気になる。
お酒を良く飲む。
ダイエットしたい。
↓↓
>>効果は・・・
ストレス予防、精神安定作用、血圧上昇抑制作用、肝機能改善作用、肥満予防、などに・・・
↓↓
>>主な働きは・・・
ギャバは、γ(ガンマ)-アミノ酪酸ともいわれ、米や野菜など自然界に広く分布するアミノ酸の一種です。
人間では、脳や脊髄にもともと存在している神経伝達物質で、脳の神経が高ぶったときに鎮める働きをしています。

ストレスによるイライラを和らげ、ストレス性の不眠などの改善につながると注目されており・・・
最近では、・・・健康な男女の脳波測定の結果、「ギャバの接種により、リラックスしたときに現れるα波が上昇し、リラックスしていることがわかった」との報告があります。
↓↓
また・・・
血管障害の諸症状の改善や血圧上昇抑制効果についても研究が進んでいるほか、中性脂肪の提言や、肝機能の改善などにも期待が集まっています。
>>多く含まれる食品は・・・
米や野菜、お茶に含まれており、特に米の胚芽部分に多く含有しています。

ブレインフード!注目のサプリメントは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!


posted by ブレイン at 22:15 | Comment(0) | ブレインフード

ブレインフード「テアニン」とはこんな人にお薦めですが・・・!?

今回ご紹介しますのはブレインフードの中でも「テアニン」についてのお話です。
ブレインフード「テアニン」とはこんな人にお薦めですが・・・!?
↓↓
テアニンとは・・・!?
お茶特有の成分で、旨味成分のグルタミン酸に似た構造をしたアミノ酸の一種です。
>>こんな人にお薦めです。
コレステロールが気になる方。
↓↓
>>効果は・・・
睡眠の質を改善する働き、不眠症の方、などに・・・
↓↓
>>主な働きは・・・
テアニンとはお茶特有の成分で、旨味成分のグルタミン酸に似た構造をしたアミノ酸の一種です。
お茶の木の根で作られたテアニンは葉に移動し、日光に当たると渋味成分のカテキン(ポリフェノール)に変っていきます。
↓↓
テアニンにはアルファ波(リラックス状態)を増加させ心身をリラックスした状態にさせる働きがあると明らかになっています。
お茶を飲むとホッとするというのは、テアニンが入っているからなんですよ。
テアニンの1日目安量は、200mgです。
煎茶1杯で10mgのテアニン含まれますので、煎茶から200mgを摂取しようと思うと、20杯も飲まなくてはなりません。
しかし、同時に500mgのカフェインを摂取する事になります。
↓↓
また・・・
過度のカフェイン摂取は排尿,下痢,不眠症,不安感,胸焼け,イライラ等の原因になる事がありますのでご注意ください。。

ブレインフード!注目のサプリメントは・・・
脳の健康と若さ・活性化・病気の予防、ストレス社会の強い見方に・・・!


posted by ブレイン at 23:49 | Comment(0) | ブレインフード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。